駐車場に設置しているカメラ画像から車両のナンバープレートを検出し不正駐車車両を検出・管理するためのシステムです。また導入した複数の駐車場でブラックリストを共有する仕組みも搭載しています。

駐車場

駐車場の入退場管理や犯罪監視等の目的で、ナンバープレートをOCR(Optical character recognition, 光学文字認識)で読み取り、車両を特定する技術は従来から存在します。しかしOCRにより画像を文字に変換して車両特定する従来の方法の場合、文字部分が明瞭に撮影されるように高解像度のカメラを正面に近い画角でナンバープレートを写す必要があります。

弊社ではAIによる解析を用いて文字部分の読み取りが難しい低解像度のカメラに写るナンバープレートを検出しカメラにかかるコスト削減を実現しています。

さらに、特定した車両が再入場したときに駐車場管理会社への通知を送ることにより、カメラ映像を人間が目視し続けずとも不正駐車車両の存在に気づけるシステムを構築しています。

経緯・課題

  • 駐車場カメラのコスト削減
  • 駐車場の管理を省人化

ポイント

  • OCRではなくAIでナンバープレートを解析
  • 数秒単位で撮影され続ける膨大なカメラ画像をまとめて管理できるユーザーインターフェース
  • あらかじめ登録した車と同じ車が写った場合に自動通知

製品紹介

当技術を用いた「AIと防犯カメラで不正駐車車両を検知・共有・通知するサービス」の詳細及びお申込みは以下サイトへアクセス下さい。

ネット回線が無い場所も工事不要で監視できる、防犯カメラが月額980円~コンセントにつなぐだけ!
ヒイヅル


当サービスは「ヒイヅル株式会社」と「弊社(株式会社想画)」が業務提携して提供しているサービスとなります。

・ヒイヅル株式会社:防犯カメラレンタルサービス

・株式会社想画:当サービスのソフトウェア部分の開発(AI・画像処理を用いたナンバープレート検出及び検出した不正駐車車両(ナンバープレート)の管理システムの構築)


当サービスの特徴の一つとして、指定した不正駐車車両(ナンバープレート)のブラックリスト共有があります。駐車場管理会社Aと駐車場管理会社Bがそれぞれ当サービスを利用しているとき、ご希望次第でこのブラックリストを共有することができます。
これにより、駐車場管理会社Aの駐車場で検出対象としてマークされた車両が、他社である駐車場管理会社Bの駐車場に入場した場合でも検出・通知を送ることができます。

お問い合わせ・デモのご依頼

お問い合わせフォームはこちら

TEL: 03-5948-9600

弊社は画像処理やAI等の解析分野を強みとしており、解析技術を用いて各企業様が抱える課題を解決するためのシステムをご提供しております。また解析に必要となるデータを取得するためのセンシング(カメラ、レーザー、レーダー等)の選定含めて、ハードウェア・ソフトウェアの両面から、各企業様に最適なご提案をさせて頂いております。

弊社パッケージ製品「AICam Video」「AICam Image」では、機材レンタルを含めたお試し利用のご相談もお受けしております。
デモのご依頼、また「導入方法について聞きたい」「自社事業に利用できるか相談したい」など、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

※弊社はドローンを活用した事業も展開しております。ドローンにセンサーを搭載させることで、地上からのセンシングだけでは課題解決が困難であるケースにも対応しております。ドローン活用に関する事例や情報等の詳細は、弊社WEBサイト「ドローンビズ」をご参照下さい。