非GPS環境下である屋内において、ドローンを紙のマーカーによって飛行制御する技術。 配管やトンネル等のように、マーカーの設置すら困難あるいは暗くてマーカーを認識できない暗所・狭所向けに、屋内照明を検出して飛行制御することも可能。

ポイント

  • SLAMや無線機を用いた飛行制御もあるが、マーカーによる飛行制御の場合は設備投資が少なく導入できる
  • GPS非対応の屋内環境下でも自律飛行が可能であり、操縦者が不要となる
  • 操縦者が不要になることで「屋内倉庫の検品自動化」や「設備点検点検の巡回自動化」といった応用が可能

詳細

当件の詳細は以下、弊社姉妹サイト「Drone-Biz」にて掲載しています。

お問い合わせ・デモのご依頼

お問い合わせフォームはこちら

TEL: 03-5948-9600

弊社は画像処理やAI等の解析分野を強みとしており、解析技術を用いて各企業様が抱える課題を解決するためのシステムをご提供しております。また解析に必要となるデータを取得するためのセンシング(カメラ、レーザー、レーダー等)の選定含めて、ハードウェア・ソフトウェアの両面から、各企業様に最適なご提案をさせて頂いております。

弊社パッケージ製品「AICam Video」「AICam Image」では、機材レンタルを含めたお試し利用のご相談もお受けしております。
デモのご依頼、また「導入方法について聞きたい」「自社事業に利用できるか相談したい」など、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

※弊社はドローンを活用した事業も展開しております。ドローンにセンサーを搭載させることで、地上からのセンシングだけでは課題解決が困難であるケースにも対応しております。ドローン活用に関する事例や情報等の詳細は、弊社WEBサイト「ドローンビズ」をご参照下さい。