画像処理には数学的な計算処理が欠かせません。そうした画像処理をC/C++、Java、Python等の言語で利用できるオープンソースのライブラリがOpenCVです。 画像処理のライブラリであるOpenCVについて、執筆時点では情報の少ないVERSION 3系の使い方を解説します。

OpenCVとは

画像処理をC/C++、Java、Python等の言語で利用できるオープンソースのライブラリがOpenCVです。(有志によって.NET用のラッパーも公開されています。詳細はWikipediaを参照ください。)

OpenCVに関する情報はOpenCV.jpが著名で、日本のopencvユーザーの手によるリファレンス訳、サンプル集が公開されています。総合的な情報や基本的な使い方などはそうした情報を参考いただくとして、ここでは2015年4月24日にRC1が公開されたOpenCV3を使った画像処理について解説します。執筆時点の最新版は2.4系で、VERSION 3系の情報はまだ乏しいため、参考になれば幸いです。

OpenCVの利用手順及び活用例

お問い合わせ・デモのご依頼

お問い合わせフォームはこちら

TEL: 03-5948-9600

弊社は画像処理やAI等の解析分野を強みとしており、解析技術を用いて各企業様が抱える課題を解決するためのシステムをご提供しております。また解析に必要となるデータを取得するためのセンシング(カメラ、レーザー、レーダー等)の選定含めて、ハードウェア・ソフトウェアの両面から、各企業様に最適なご提案をさせて頂いております。

弊社パッケージ製品「AICam Video」「AICam Image」では、機材レンタルを含めたお試し利用のご相談もお受けしております。
デモのご依頼、また「導入方法について聞きたい」「自社事業に利用できるか相談したい」など、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

※弊社はドローンを活用した事業も展開しております。ドローンにセンサーを搭載させることで、地上からのセンシングだけでは課題解決が困難であるケースにも対応しております。ドローン活用に関する事例や情報等の詳細は、弊社WEBサイト「ドローンビズ」をご参照下さい。